お笑い comedy [Page 1 of 1]

お笑い comedy
Posted on Wed Jun 05, 2013 5:46 pm


chouetsu

Caless Student
Caless Student
SCANDALは大阪で結成されたので、大阪と言えば関西ですね。
関西と言えばお笑いです。
SCANDALの皆さんは日本のお笑いの大ファンですから、少し彼女等の好みに入りたいかなぁとの方々がいらっしゃるでしょうかなぁ、と思いながら此のトピックを作りました。

取りあえず、私は一番手として先ず、私の意見に因ると、沢山から一人の現在なんと15本のバラエティショーにて撮影する元歌手、現在は笑い芸人として大活躍するを御紹介したいと思います。

有吉浩之氏

Spoiler:

有吉弘行
移動: 案内、 検索
現在ノートにてあだ名の記載についての合意があります。該当部分を編集する際はノートに目を通してからにするようお願いします。
この存命人物の記事には検証可能な出典が求められています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2011年10月)
有吉 弘行
本名 有吉 弘行
生年月日 1974年5月31日(39歳)
出身地 日本の旗 日本・広島県安芸郡熊野町
血液型 A型
身長 172.3cm
方言 なし(共通語)
最終学歴 広島県立熊野高等学校
師匠 オール巨人(半年で破門)
コンビ名 猿岩石(1994年 - 2004年)
相方 森脇和成(元・相方)
芸風 毒舌芸、イジり芸、モノマネ芸
立ち位置 右(コンビ時代)
事務所 太田プロダクション
活動時期 1994年 -
同期 ふかわりょう
劇団ひとり など
現在の代表番組 有吉AKB共和国
マツコ&有吉の怒り新党
有吉ジャポン
ロンドンハーツ
有吉反省会
過去の代表番組 世直しバラエティー カンゴロンゴ
KEN-JIN
ピエール靖子
クイズ☆タレント名鑑 など
作品  下記参照
配偶者 未婚
公式サイト 太田プロダクション 公式ホームページ
表示

有吉 弘行(ありよし ひろいき、1974年5月31日 - )は、日本のお笑い芸人である。広島県安芸郡熊野町出身。太田プロダクション所属。身長172.3cm、体重67.0kg[1]、広島県立熊野高等学校卒業。実家は熊野筆の軸の部分を製造する工場を経営している。

名前の読みは「ひろゆき」ではない(後述)。
目次

1 略歴
2 芸風
2.1 あだ名の命名
2.1.1 発端と経過
2.1.2 あだ名に対する周囲の反応
2.1.3 命名に対する評価
3 モノマネ
3.1 レパートリー
4 人物
5 主な活動
5.1 テレビ
5.1.1 現在の出演番組
5.1.2 過去の出演番組
5.1.3 その他の出演番組
5.2 インターネット配信
5.3 ラジオ
5.4 映画
5.5 舞台
5.6 CM
5.7 CD
5.8 DVD
5.9 書籍
6 脚注
7 関連項目
8 外部リンク

略歴

1993年3月2日放送分読売テレビ『EXテレビ』の企画「公開弟子審査会」に合格し、オール巨人に弟子入りする。しかし、ある日師匠の巨人に昼食代を渡され、他の弟子と弁当を買いに行った際にその弟子が渡された昼食代よりも高い弁当を選んだ事から有吉が「ルール違反だ」と立腹し喧嘩となった事が原因で、謹慎を命じられる。謹慎扱いとなった有吉は、1994年に森脇和成とお笑いコンビ猿岩石を結成し、猿岩石のボケ担当としてデビュー。

1996年に『進め!電波少年』でのヒッチハイクの旅企画で話題になり、帰国後、大ブレイクする。

CDや著書が爆発的に売れるも、ほどなくして人気は低迷し仕事が激減。それから7・8年間、広島のローカル局での出演以外は仕事がなく、経済的に自活することもできずに食事などは上島竜兵らの世話になっていた[2]。

2004年3月に、役者や歌手活動を望む森脇とお笑いにこだわる有吉とで活動の方向性の違いが生じ、猿岩石を解散。ピン芸人として活動を始める。2004年ごろから、『内村プロデュース』に度々出演するようになり、これが久方ぶりの全国ネット番組への出演となった。

2007年ごろから、他のタレントや芸人に対しての「あだ名の命名」(後述)が注目され始め、「毒舌芸人」「イジり芸人」として多くのバラエティ番組に出演するようになる。再ブレイクを果たしたため、「一発屋」ではなく「二発屋」という異名を持ち、本人も度々名乗ることがある。「一度目は芸人として売れたわけではない」との理由で、「1.5発屋」と名乗ったこともある。

その後順調に仕事は増え、2011年にはメディアの調査・分析を行うニホンモニターの調査による『2011年テレビ番組出演本数ランキング』において、出演総本数499本で1位となった[3]。

2012年3月、広島県観光大使に就任した[4]。
芸風

業界誌『日経エンタテインメント!』2008年6月号では「アドリブの面白さが世間に浸透しつつある」として「再評価芸人」として取り上げられた。
あだ名の命名
発端と経過

発端は『アメトーーク!』2007年8月23日放送分においてである。有吉が「一発屋芸人にならないための方法」を指南する役としてゲスト出演し、そこで「世間から『これ』という固定イメージを持たれないことが大事」と解説。その話の流れで、有吉がひな壇に並ぶ他のゲストたちに、「世間が持ってるイメージ」をアドリブで直接伝えていくことになった。その際に品川祐に対して、品川の芸風を揶揄して「おしゃべりクソ野郎」というあだ名を命名した。この一連の流れが大爆笑を誘い、その後他の番組でも「有吉が品川のことを『おしゃべりクソ野郎』と呼んだ」というエピソードが多く語られるなど次第に反響は大きくなり、ついには2008年3月13日放送分において、この「おしゃべりクソ野郎」が、「アメトーーク!年間流行語大賞」に選ばれた。この一連の出来事を有吉自身は、『おしゃクソ事変』と呼んでいる[5]。

この出来事以降、有吉のこの『あだ名の命名』という特技が『アメトーーク!』を中心に多くの番組で取り上げられ、多数の共演者に対して毒を含んだあだ名を命名している。これをきっかけとして、有吉は「毒舌キャラ」「イジりキャラ」と認識され再びテレビの露出が多くなり、再ブレイクに至った[6][7]。

『日経エンタテインメント!』2008年12月号によると、本人が一番気に入っているのは山崎静代につけた「モンスターヴァージン」とのことである。
あだ名に対する周囲の反応

有吉によると、芸人やタレントにあだ名を付けて本気で怒られたことはまだないという。

2008年2月28日付の品川のブログでは「有吉さんと『仲悪いんですか?』とか言う奴がいる。めんどくせぇ。本番中に悪口言われるのは、ありがたいんだよ」と語っている。

有吉は、『アメトーーク!』の演出兼プロデューサー加地倫三(あだ名は「オシャレ骸骨」)に対して「(テレビにたくさん出られるようにしてくれた)加地さんと雨さん(雨上がり決死隊)と品川に感謝です」という感謝のメールを送っている[8]。

有吉に「元気の押し売り」というあだ名をつけられたベッキーは、ブログで「それにしても有吉さんのネーミングも最強ですね!(中略) しつこいようですが、“おもしろければ何でもOK”な人間なので、私は大丈夫です! あー楽しかったー!!!」と有吉を大絶賛している。[9]。

2009年10月29日付けのブログでは、差出人部分に「有吉を殺す会」と書かれたはがきが送られてきたことを明かしている[10][11]。
命名に対する評価

有吉のあだ名命名については、「特に、タレントにあだ名をつけるのが天才的にうまい」「『クソ』『野郎』が多いのが目につきますが、毒の含み具合が絶妙」(芸能ライター)[6]、「あだ名芸人として活躍の場を広げている」(『TV LIFE』編集部)[12]と、内外から評価され、有吉の「瞬時に人物の特徴を捉える」あだ名の命名は「芸」であるとの評価がなされている。
モノマネ

2005年秋、『ものまねバトル』に初出場。十八番のものまねである「哀川翔がマイナーなモノマネを宴会でやる」という設定のネタで、対戦相手のスピードワゴンを圧倒し78対22という大差をつけ勝利。『ものまねバトル』のレギュラーをつかみとる。その後2007年正月『ものまねバトルベストアーティストアワード』において、このネタでコント部門を受賞した。

2006年新春の『ものまねバトル』では、石原軍団のモノマネレパートリーが高く評価された。林家正蔵にも「猿岩石時代はそうでもなかったのに、有吉君にはこういう才能があったんだね。最高に面白かったです」と大絶賛された。
レパートリー

哀川翔(有川翔)
阿部寛
アントニオ猪木
衣笠祥雄
倖田來未
竹内力
地井武男
寺島進
夏目漱石
橋下徹
細木数子
蛍原徹
前田敦子
村上世彰
桃井かおり
渡哲也
ビートたけし

人物

名前の読みが「ひろゆき」ではなく「ひろいき」である理由は、父親が役所に名前を提出する際に、酒に酔っていたため「ひろいき」と間違えて申請したためである。そのため、父親は「ひろゆき」と呼んでいると有吉は語っている。

プライベートでは自分に返ってくるとの理由で陰口などは言わないようにしている。女子中高生各1,000人にアンケートを実施している「@peps!ランキン」[13]でも「毒舌芸能人No.1は?」で1位にランクインしている。

『東京スポーツ』の食生活拝見のコーナーでは、肉しか食べない、酒を倒れるまで飲む、ヘビースモーカーその他、身体に悪いことばかりして、医者から「いつ癌になってもおかしくない」と評されている。

第2日本テレビのネット配信番組『電波少年的懸賞生活2009』[14]に出演し、同番組のプロデューサーより再ブレイクのきっかけを訊かれた際、「世間的には『内村プロデュース』の印象が強いと思うが、実は『リングの魂』の柔道企画等、(内村のみならず)南原さんにも大変お世話になっていて、ウッチャンナンチャンの両氏にずっと使ってもらったおかげ」と答えている。その際、『内村プロデュース』に関して「売れてない時期があったからこそ当時のレギュラーメンバーの凄さに気づく事ができた」と答え、ネット配信番組『内村さまぁ〜ず』に出演した際には、Twitterにて内村光良、さまぁ〜ずの三人について「三人は命の恩人ですので細心の注意を払うべきですが、それをさせない緩さがある」と評している[15]。

上島竜兵を中心とする飲み仲間『竜兵会』の一員である。竜兵会に高田文夫が顔を見せた際に、酔っ払った上島に対する有吉の突っ込みの面白さを見た高田は、自身のラジオ番組『ラジオビバリー昼ズ』に有吉を起用することを決めたという[16]。

広島出身ということもあってプロ野球は広島東洋カープのファンである。高校時代は広島市民球場に年間30回ほど行っていた[17]。2012年より広島県観光大使に任命されている。

猿岩石時代は自身がバイセクシャルであると公言していた。また仕事の無かった時期にニューハーフになろうと思ったというエピソードを自著『お前なんかもう死んでいる〜プロ一発屋に学ぶ50の法則〜』で語っている。しかし、のちに女性が好きであると公言しており、自身のニューハーフへの転向も当時は金銭的に追い詰められたためであるとして否定している。

柔道初段。『リングの魂』の「芸能界柔道王」企画で初代チャンピオンになった。

表現規制に関しては石原慎太郎に対し「石原さんはチンコが起たなくなった腹いせに漫画を悪者にするの止めてください」とTwitterで批判している[18]。

コンビ解散後は、猿岩石時代末期のレギュラー番組である広島ローカルRCC中国放送『KEN-JIN DX』に多く出演。

ニッポン放送の『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』で高田文夫が病欠のときに中継レポーターに抜擢されている。

2012年11月末にTwitterのフォロワー数がソフトバンクの社長・孫正義を抜いて日本人としては1位となり、更に2013年2月6日に、国内初の200万フォロワーを達成した[19]。
主な活動

猿岩石時代の活動については「猿岩石」を参照
テレビ
現在の出演番組

レギュラー

有吉AKB共和国(2010年3月29日 - 、TBS)MC
ヒルナンデス!(2011年4月1日 - 、日本テレビ)金曜レギュラー
マツコ&有吉の怒り新党(2011年4月5日 - 、テレビ朝日)MC
ロンドンハーツ(2011年10月 - 、テレビ朝日)※2011年9月までは準レギュラー
もてもてナインティナイン(2011年11月1日 - 、TBS)
くりぃむクイズ ミラクル9(2012年1月11日 - 、テレビ朝日)
オトナへのトビラTV(2012年4月5日 - 、NHK Eテレ)MC
ぶらぶらサタデー「有吉くんの正直さんぽ」(2012年4月7日 - 、フジテレビ)MC
ネプ&イモトの世界番付(2012年4月13日 - 、日本テレビ)
ウーマン・オン・ザ・プラネット(2012年10月6日 - 、日本テレビ)MC
有吉ジャポン(2012年10月9日 - 、TBS)MC
有吉反省会(2013年4月7日 - 、日本テレビ)MC
今、この顔がスゴい!(2013年4月11日 - 、TBS)MC

準レギュラー

アッコにおまかせ!(TBS)
とんねるずのみなさんのおかげでした(フジテレビ)

不定期特番

ふわふわトーク こんな感じでどうですか? (2012年3月23日、7月20日、10月7日、12月7日、2013年2月8日、4月19日、フジテレビ)
Calcolon(カルコロン)(2012年6月23日、9月28日、12月1日、2013年1月19日、3月16日、フジテレビ)MC
有吉弘行のヘベレケ(2012年7月22日、12月30日、東海テレビ)MC
東野・有吉のどん底(2012年12月30日・2013年3月16日、TBS)MC
有吉ひとり土田@竜兵会プレゼンツ!超超!無礼講な宴SP(2012年12月30日、日本テレビ)MC

不定期出演

雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!(テレビ朝日)
ものまねグランプリ(日本テレビ)

過去の出演番組

レギュラー

KEN-JIN DX(1997年 - 2005年、中国放送)
ピエール靖子(2007年、テレビ大阪)
ダチョ・リブレ「ばっかス」(テレ朝チャンネル)
世直しバラエティー カンゴロンゴ(2008年 - 2009年、NHK総合)
○○の国の王子様(2009年4月 - 6月、NHK教育)
アイドルの穴〜日テレジェニックを探せ!〜(2009年4月 - 6月・2010年4月 - 6月・2011年4月 - 6月・2012年4月 - 6月、日本テレビ)MC
どれだけ食えスト(2009年8月 - 9月、日本テレビ)
日テレジェニックの穴(2009年7 - 9月、日本テレビ)MC
崖っぷち〜アラビアンサイトFEVER〜(2009年10月 - 2010年3月、TBS)MC
AKB48ネ申テレビ Season1 - 3(2008年 - 2010年、ファミリー劇場)
100日劇場(2010年1 - 3月、日本テレビ)MC
世界笑える!ジャーナル(2010年4月 - 8月、TBS)
ウケウリ!!(日本テレビ)
DON!(日本テレビ)水曜レギュラー
アイドルちん(日本テレビ)MC
資格☆はばたく(2011年3月 - 4月、NHK教育)
ブラっと嫉妬(2011年7月 - 9月、関西テレビ)MC
爆問パワフルフェイス! (2010年10月 - 2011年9月、TBS)
その顔が見てみたい (2010年10月 - 2012年2月、フジテレビ)
バカなフリして聞いてみた (2011年4月 - 9月、日本テレビ)
キカナイトF(2011年7月5日 - 2012年9月21日、フジテレビ)
ここ掘れ!ワンワン!(2012年8月12日 - 9月30日、日本テレビ)MC
有吉&ベッキーのクイズ80(2012年10月9日 - 12月11日、日本テレビ)MC
スター☆ドラフト会議(2011年4月12日 - 2013年3月5日 、日本テレビ)
アイドル☆リーグ!(2009年7月5日 - 2013年3月28日、日本テレビ・NOTTV)MC

準レギュラー

内村プロデュース(2000年4月 - 2005年9月、テレビ朝日)
神さまぁ〜ず(2007年10月 - 2008年9月、TBS)
さまぁ〜ず式(2008年10月 - 2009年3月、TBS)
ホリさまぁ〜ず(2009年4月 - 2010年3月、TBS)
マルさまぁ〜ず(2010年4月 - 9月、TBS)
悪魔の契約にサイン(2008年10月 - 2009年2月、TBS)
ものまねバトル(日本テレビ)
クイズ☆タレント名鑑(2010年1月 - 2012年3月、TBS)
テベ・コンヒーロ(2012年4月 - 9月、TBS)

その他の出演番組

バラエティ

森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ)
めちゃ×2イケてるッ!(フジテレビ)
人志松本のすべらない話ザ・ゴールデン(フジテレビ)
人志松本の○○な話(フジテレビ)
5LDK(フジテレビ)
IPPONグランプリ(フジテレビ)
行列のできる法律相談所(日本テレビ)
行列のできる芸能人通販王決定戦(日本テレビ)
しゃべくり007(日本テレビ)
嵐にしやがれ(日本テレビ)
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(日本テレビ)
人生が変わる1分間の深イイ話(日本テレビ)
クイズプレゼンバラエティー Qさま!!(テレビ朝日)
ネプリーグ(フジテレビ)
お試しかっ!(テレビ朝日)
いきなり!黄金伝説(テレビ朝日)
リンカーン(TBS)
笑撃!ワンフレーズ(TBS)
サンデージャポン(TBS)
ウンナン極限ネタバトル!ザ・イロモネア(TBS)
ゴッドタン(テレビ東京)
アリケン(テレビ東京)
相談バカ一代(テレビ東京)
おねだり!!マスカット(テレビ大阪)
中四国スペシャル ドライブ日和(RCCテレビ、2011年7月18日)
超タイムショック芸能人最強クイズ王決定戦スペシャル12(2011年10月13日、テレビ朝日)
きらきらアフロ(テレビ大阪、2011年11月)ホワイトアフロ
KAT-TUNの世界一ダメな夜!
有吉×大木の人生告白劇場結局どうなったんだ!?(2012年12月29日、フジテレビ)
有吉vs花の熟女バトル!アリババ(2013年1月6日、フジテレビ)
有吉のバカだけどニュースはじめました(2013年4月2日、テレビ東京)

ドラマ

愛なんていらねえよ、夏 Last10(第1話)(2002年、TBS)
温泉へ行こう5(2004年、TBS)
弁護士のくず -NINE HEAD OF LAWYER- 第5話(2006年、TBS) - 小塚新平 役
吾輩は主婦である(2006年、TBS) 柴田 役
おちゃべり 第16話(2009年、毎日放送)
陽炎の辻3 第1話(2009年、NHK総合) - 安五郎 役
業界 LOVE STORY〜だからテレビはおもしろい〜(2011年、東海テレビ)

インターネット配信

過去の出演

竜兵会の約束(BeeTV)
Dr.有吉の密着治療室(BeeTV)
竜兵会(GyaO、2006年)
オーディションGOGO!(GyaO)
内村さまぁ〜ず(ミランカ)#27,#36,#42,#84,#90
有吉弘行のおそらく一番安くて安全な世界一周の旅ガイド (goomo)
電波少年2010 人はつぶやきだけで生きていけるか? 有吉vsTプロデューサー〜日本縦断四角系男子を探せ〜(第2日本テレビ)

ラジオ

レギュラー

有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER(2010年4月4日 - 、JFN)

映画

一生、遊んで暮らしたい(1998年1月)
TRICK劇場版2(2006年6月)
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式(2007年2月)
The焼肉ムービー プルコギ(2007年5月)
ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE(2008年1月)
まぼろしの邪馬台国(2008年11月)
上島ジェーン(2009年5月)
BECK(2010年9月) - 特別出演
テッド 日本語吹替版(2013年1月18日公開、東宝東和) - テッド 役[20]

舞台

シンドバッドの大冒険(2000年7月22日-30日、博品館劇場 7月31日-8月1日、かめありリリオホール)主演:シンドバッド役

CM

映画 『レギオン』(ナレーション)[21]
ソフトバンクモバイル 『白戸家「選挙カー」』篇(2010年) - 対立候補役
広島ガス 「エネファームあだ名」篇よくばり野郎(2010年)
サントリーフーズ BOSS レインボーマウンテンブレンド 「奥の細道」篇(2011年)
セガ『リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産』(2012年)- 東国原英夫、上島竜兵、榮倉奈々と共演
DeNA(モバゲー)『大冒険!シスタークエスト』(2012年)- 関西ローカル放送

CD

Hungry man/dear(2001年10月27日)-「KEN-JIN BAND」名義
虹(2002年5月25日)-「KEN-JIN BAND」名義
ロケット/働クオトコノウタ(2004年4月29日)-「KEN-JIN BAND」名義
最新J-POP MEGA HITS! BEST40 「マンクマン」(劇団ひとりとのユニット)

DVD

死球 〜dead ball〜 vol.2(2005年)
オレがやるよ!それだったらオレがやるよ!じゃあオレがやるよ!どうぞ!どうぞ!どうぞ! 〜ダチョウ倶楽部のリアクション祭り〜(2005年)
その時…上島が動いた(2007年)
我々は有吉を訴える 〜謎のヒッチハイク全記録〜(2008年)
ノーマニフェスト for UESHIMA(2008年)
ものまねプロレス祭2008 まねんのか!(2009年)
イツザイ 「インディーズ芸人スペシャル」(2009年)
大輔宮川のすべらない話2(2009年)
ギョーカイ騒然! 〜ココロにのこらない話〜(2009年)
リアクションの殿堂(2009年)
我々は有吉を再び訴える 〜沖縄ヒッチハイク殺人未遂事件の全真相〜(2009年)
リアクションの殿堂 〜遺作〜(2010年)
竜兵会の約束(2010年)
我々は有吉を訴えるべきかどうか迷っている(2011年)
ふわふわトーク こんな感じでどうですか?(2013年)

ほか

書籍

オレは絶対性格悪くない!(2008年9月、太田出版)
怒りオヤジ 愛の説教BOOK (2009年3月、太田出版)
竜兵会 僕たちいわばサラリーマンです。〜出世術のすべてがここに〜(2009年4月、双葉社)
嫌われない毒舌のすすめ(2009年7月、KKベストセラーズ)
お前なんかもう死んでいる~プロ一発屋に学ぶ50の法則〜(2010年6月、双葉社) 2012年4月、文庫化(双葉文庫)。
毒舌訳 哲学者の言葉(2012年4月、双葉社) 2013年5月、文庫化(双葉文庫)。

脚注
[ヘルプ]

^ 2012年11月6日放送『ロンドンハーツ』内の健康診断より
^ 落ち目の有吉弘行をあえてレギュラーに 再ブレークに導いた広島県メディア
^ ニホンモニターによるプレスリリース
^ おしい!広島県
^ 2009年3月5日『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク! 今年が大事芸人』でのブレークまでの自己分析の際に発言[出典無効]。
^ a b 内外タイムス (2008年11月1日). “元猿岩石・有吉弘行が再ブレークした理由”. 2009年2月4日閲覧。
^ 「有吉弘行 “あだ名付け芸”で復活した不死鳥芸人」 - 『日経エンタテインメント!』2009年11月号(日経BP社)
^ 『Quick Japan』79号、太田出版
^ “ベッ記”. ベッキーの日記だから、ベッ記!! (2008年12月12日). ...
^ “腕立て伏せの回数を増やすしかない、、、、、”. 公式ブログ『有吉弘行の馬鹿だからブログやってます』 (2009年10月29日). ...
^ “有吉弘行「殺す」と手紙届くも通報しない”. 『スポニチアネックス』 (2009年11月3日). ...[リンク切れ]
^ TV LIFE (2008年12月12日). “『アメトーーク!』で有吉が新あだ名を連発!関根勤、ベッキーのあだ名は?”. 2009年2月4日閲覧。[リンク切れ]
^ @peps!ランキン 女の子の流行りモノNo.1[1]
^ 電波少年的懸賞生活2009 〜一発屋芸人に二発目はあるのか?〜
猿岩石でブレイクしてから、天狗になりすぎてスタッフ、他の芸人から嫌われたため、干されていた。[2]
^ 有吉弘行 (ariyoshihiroiki) on Twitter [3]
^ 読売新聞夕刊 2009年5月13日付
^ 達川&有吉が今後のカープについて激論! その全貌をレポート(ExciteBit)
^ 2010年12月6日のツイート
^ 有吉弘行、フォロワー数国内初の200万人突破「もうしばらくのお付き合いを」 オリコン2013年2月6日
^ “世界一ダメなテディベアでハリウッド・デビュー!! 日本一注目される男・有吉弘行さんが声優初挑戦!!”. 映画『テッド』公式サイト. 2012年12月19日閲覧。
^ 有吉弘行が映画CMアフレコで毒舌ツッコミ!効率の良い仕事に味をしめた?

関連項目

広島県出身の人物一覧
太田プロダクション
雛壇芸人
お笑いタレント
芸人
芸能人

外部リンク

太田プロ 公式ホームページ
有吉弘行の馬鹿だからブログやってます
有吉弘行 (ariyoshihiroiki) - Twitter
ラジオ 有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
有吉弘行の部屋『聞き上手』(太田プロ公式サイト内コーナー)
ソース wikipedia

Scandal has formed in Osaka.
Speaking of Osaka , it is in the Region Kansai.
Speaking of Kansai , Comedy .
As Scandal are big Fans of the Japanese comedy , i thought you guys have maybe interest to dive a little bit in the world where scandal live. there for i created this topic.
Nevertheless, firstly i want you to introduce the in my opinion on of the most active comedy artist. He perform nowadays in 15 different variety shows as a show man comedian. An ex singer.

Ariyoshi Hiroyuki

Spoiler:

Hiroiki Ariyoshi
From Wikipedia, the free encyclopedia
Jump to: navigation, search
Hiroiki Ariyoshi
Born 31 May 1974 (age 38)
Aki District, Hiroshima, Japan
Nationality Japanese
Occupation Comedian, singer

Hiroiki Ariyoshi (有吉 弘行 Ariyoshi Hiroiki?, born 31 May 1974) is a Japanese comedian and singer who is represented by Ohta Production.[1]
Contents

1 Saruganseki
2 Solo career
3 References
4 External links

Saruganseki

Born in Aki District, Hiroshima, Japan, Ariyoshi formed the owarai duo Saruganseki with Kazunari Moriwaki in 1994.[2] The pair became famous through the variety television show Susume! Denpa Shōnen when they were made to hitchhike across Asia, a task that was covered on the show for six months.[2] They were so popular when they returned that when they published a book about their travels, it became a best-seller.[2] When they released a single, Shiroi kumo no yō ni, it reached number three on the Oricon charts, with the album reaching number two.[3] They even received a new artist award at the Japan Record Awards in 1997.[4] While for a time they were earning 20 million yen a month (about $170,000[5] in 1997 US dollars),[6] their fame did not last long, and the duo broke up in 2004.[2]
Solo career

After his career went into decline, Ariyoshi's income reportedly fell to virtually nothing.[6][7] However, he gradually began reappearing on television, now as a solo comedian noted for his poison tongue.[2] His career really began to revive around 2006 when, on shows like Ametalk (hosted by Ameagari Kesshitai), he became known for giving mischievous nicknames to famous personalities.[8] In 2009, public opinion research conducted by Oricon found that those polled considered him to be the number one "comeback" personality of the year.[8] By 2011, he was ranked as the top television tarento in terms of number of appearances.[9] He now hosts several television shows, including Ariyoshi AKB Kyōwakyoku with AKB48[10] and Matsuko & Ariyoshi no Ikari Shintō with Matsuko Deluxe,[11] and is a regular guest on variety shows like London Hearts.[12]
References

^ "Hiroiki Ariyoshi". Nippon Cinema. Retrieved 6 July 2012.
^ a b c d e "Ariyoshi Hiroiki". Tarento Dētabanku. Retrieved 6 July 2012.
^ "Saruganseki". Oricon. Retrieved 6 July 2012.
^ "Nihon Rekōdo Taishō: 1997-nen". Japan Composer's Association. Retrieved 6 July 2012.
^ "U.S.-Japan Annual Average Exchange Rate". International Trade Association, U.S. Department of Commerce. Retrieved 8 July 2012.
^ a b "Gesshū 2-senmanen kara donzoko". 47News. Retrieved 6 July 2012.
^ "Ariyoshi Hiroiki: 'Ii kanezuru sagashite ikinokore'". Daily Sports. Retrieved 8 July 2012.
^ a b "'Sai-bureiku' shita tarento 1-i wa Ariyoshi Hiroiki". Oricon. Retrieved 6 July 2012.
^ "2011-nen kotoshi terebi de yoku mita kao wa?". Nihon Monitor. Retrieved 6 July 2012.
^ "Ariyoshi AKB Kyōwakoku". TBS. Retrieved 8 July 2012.
^ "Ariyoshi Hiroyuki and Matsuko Deluxe team up on late night television". Tokyo Hive. Retrieved 8 July 2012.
^ "Ariyoshi Hiroiki, Ima motomerareru jishin no yakuwari". Oricon. Retrieved 8 July 2012.

External links

Official profile Ohta Productions (in Japanese)
Hiroiki Ariyoshi at the Internet Movie Database
source wikipedia


Back to top Go down